鉄道とかグルメとか 何となくイロイロと…

鉄道や旅行・グルメ・日常の事など、何となく色々な事を綴っています。

9月21日 鉄道のできごと

1910年 京王電気軌道(現在:京王電鉄)が設立
 
 

f:id:creetto:20180901071921j:plain

1926年 池田鉄道(現在:廃線)北池田駅安曇追分駅間が開業
 
 
1929年 別府遊園地索道(現在:ラクテンチケーブル線)が開業
 
 
1934年 鉄道省 東海道本線瀬田川橋梁で下り急行列車が室戸台風による強風をうけ脱線転覆する事故(東海道線瀬田川鉄橋急行列車脱線転覆事故)が発生
 
 
1959年 根室拓殖鉄道が全線廃止
 
 
1963年 近畿日本鉄道が鮮魚列車の運行を開始
 
 
1964年 日本国有鉄道(後:のと鉄道能登線(現在:廃線蛸島(たこじま)駅~松浪駅間が開業
 
 

f:id:creetto:20180901072025j:plain

 
 
1982年 名古屋市営地下鉄 東山線 中村公園駅高畑駅間が開業した日です。

グーグルストリートビューで駅を見てみた JR 五所川原駅 津軽鉄道 津軽五所川原駅

JR 五所川原駅(ごしょがわらえき)
津軽鉄道 津軽五所川原駅(つがるごしょがわらえき)
 
 
JRの駅は
1918年9月25日に陸奥鉄道の駅として開業しました。
津軽鉄道の駅は
1930年7月15日に津軽鉄道の駅として当初 五所川原駅として開業しました。
 
 
開業時、国鉄 五所川原線(陸奥鉄道は1927年6月1日に国鉄に買収される)
と駅舎を共同使用していましたが、1956年7月1日に津軽五所川原駅として
分離しました。
 
 
現在ではJRは五能線 津軽鉄道津軽鉄道線が乗り入れています。
 
 
以前のブログでも少し綴りましたが、
ゆるキャラ「おもち君」のふるさと!?です。
 
 

f:id:creetto:20180419142256j:plain

左:津軽五所川原駅  右:五所川原駅

 

f:id:creetto:20180419142338j:plain

JR 五所川原駅

 

f:id:creetto:20180419142401j:plain

津軽鉄道 津軽五所川原駅

 

f:id:creetto:20180419142422j:plain

駅前の風景

 

f:id:creetto:20180419142440j:plain

駅前の風景

 

f:id:creetto:20180419142458j:plain

駅前の風景

奥に高い建物があります。気になり近寄ってみました。

 

f:id:creetto:20180419142529j:plain

この建物は夏のお祭りで使用する立佞武多(たちねぷた)を入れておく建物です。

中に車が停まっていますが、比べると大きさが解ります。

 

でかいです!

 

 

f:id:creetto:20180419142823j:plain

JR 五所川原駅 津軽鉄道 津軽五所川原駅 上空から

 

 

f:id:creetto:20180921075519j:plain

駅の逆側から

 

こちらには出入口はありませんが津軽鉄道の車両がたんげ停めてありました。

 

 

ちなみに・・・立佞武多

今から約1世紀前の明治中期から大正初期にかけて行われた伝統民俗で

高さ約21メートルのものが、数百人の若者によって担がれ、

町内を練り歩いたといわれています。

 

 

その勇壮な姿は12キロ離れた地域からも見えたと伝えられていますが

時代と共に電気の普及により、街中に電線が張り巡らされ、次第に小型化され

高さ約4.5メートルへと移行しました。

 

 

しかし平成8年に1枚の写真を元に、五所川原の有志たちにより、

高さ20メートル強のねぷたを復元させ、「立佞武多」と命名

その威容と五所川原人の気概は全国的な反響を呼びました。

 

 

本格的に取り組まれた「立佞武多プロジェクト」によって

駅前からの運行コース上の電線は地中に埋められ、

平成10年8月5日 ついに立佞武多五所川原市内を練り歩く時が来ました。

 

 

7階建てのビルに匹敵する高さ22メートル、

総重量16トンの立佞武多を30人の若者により曳かれ駅を出発しました。

 

五所川原佞武多の第二章の始まりです。

 

 

祭りの期間の8月4日~8日までは、

そのの圧倒的な姿を心躍るリズムとともに見ることができます。

 

 

猫ひろしが言っているように

青森のねぶた祭りラッセーラー、ラッセーラと掛け声をかけますが

五所川原立佞武多ヤッテマレ、ヤッテマレと声をかけるそうです。

 

ヤッテマレとは「やってしまえ」と言う意味で

昔は喧嘩ねぷたと言われていて、自分のところのねぷたが一番だぞと誇示するため

他の町のねぷたをサスマタで突いたり、石を投げたりしたそうです。

 

超おっかね~祭りだったんですね。

 

 

超おっかね~ので駅に戻ります・・・

 

f:id:creetto:20180419145635j:plain

津軽五所川原駅の隣に津軽鉄道本社があり

1Fには「でる・そーれ」という郷土料理などが食べられるお店があります。

 

ラーメンや津軽鉄道にかけた津鉄汁などのメニューがありますが

面白いものがありました。

 

食事と一緒に出されるハシ袋に「はしいれメロス」と書かれています。

さすがに太宰治の故郷に近いので「走れメロス」を掛けているのでしょう!

「はしいれメロス」のTシャツがあったら買ってしまいそうです。

 

 

こちらのサイトに写真が載っています

絆が生んだ味!!津鉄汁 ~五所川原市コミュニティカフェ「でる・そーれ」~ | 青森の魅力

 

メニューの中に若生おにぎりと言うのがあり

1年ものの薄くて柔らかい昆布を若生(わかおい)と言い、

それを海苔の代わりに巻いたおにぎりで、津軽半島北部を中心に食されています。

 

 

詳しくは

 

 

そういえば、行くぜ東北のCMで出てきましたね 

 


木村文乃 CM JR東日本 行くぜ、東北。 「弘前の夜」篇

 

味の想像が出来ますが普通に旨そうです。太宰治も好物だったとか。

 

 

街をブラブラしてみます 

 

f:id:creetto:20180419150228j:plain

街中の風景

 

f:id:creetto:20180419150246j:plain

街中の風景

 

f:id:creetto:20180419150304j:plain

街中の風景

 

f:id:creetto:20180419150326j:plain

街中の風景

 

f:id:creetto:20180420112524j:plain

飲み屋街

 

 

五所川原には色々と興味をそそるグルメがありました。

 

 

まずは・・・

 

f:id:creetto:20180419151231j:plain

亀乃家

 

お店の場所(地図)

 

こちらでは天中華が食べられます。

サクサクのかき揚げが乗っかっているラーメンですが、

想像してみると普通に美味しいと思います。

 

 

詳しくは

亀乃家

 

写真を見るとかき揚げも美味しそうですが、ラーメンがたまらなく美味しそうです!

ラーメンが美味しいからかき揚げが引き立つのでは?

少しグルメな事を言いましたが、味オンチです。

 

 

 

 

次に・・・

 

f:id:creetto:20180419151648j:plain

 あげたいの店 みわや

 

お店の場所(地図)

 

最近はたい焼きの中身がアンコ以外のクリーム、チョコ、カレーなど

さまざまなバリエーションが出てきましたが、

それらのたい焼きをさらに油で揚げて提供しています。

 

詳しくは

あげたいの店 みわや

 

 

普通に「美味しそうじゃん!」と思いますが、今までにないお店ですね~

揚げる油の種類によりさらに美味しさが増すのでは?

少しグルメな事を言いましたが、味オンチです。

 

 

 

もし訪れる機会が有れば、ランチに天中華、おやつにあげたいで決まりそうです。

駅から300mくらいの場所に亀乃家さん

さらに100mくらいの場所にみわやさん

両店とも駅から近いです。

 

 

 さらに・・・

 

先程も説明をした立佞武多が展示されている施設があります。

 

f:id:creetto:20180419153423j:plain

立佞武多の館

 

建物の場所(地図)

 

ここでは高さ22mの本物の立佞武多が展示されています。

また、青森県内各地で行われているねぷた・ねぶたの説明、歴史などが

説明されています。

 

詳しくは

立佞武多の館

 

場所は先程の亀乃家さんの裏にあります。

 

 

グーグルマップではまだ写真はありませんでしたが

目の前にY.C.M 吉幾三コレクションミュージアムがあります。

 

 

 

 

さらにブラブラすると興味を引く場所がありました。

 

f:id:creetto:20180420112711j:plain

百万遍石碑 化粧地蔵

 

五所川原駅から1kmくらいの場所にありますが、

五所川原市のある津軽地方ではお地蔵さんの衣装を定期的に替えて、

化粧を施すという独特なスタイルがはぐくまれてきたそうです。

 

ここ以外にも化粧を施されているのお地蔵さんが津軽地方には

あちこちあるそうです。

 

写真を見ましたが、何となくカワイイ表情に化粧が施されていました。

 

詳しい場所

地図(グーグル)

 

 

さらに足を伸ばして隣駅の木造駅は

 

f:id:creetto:20180420115523j:plain

こんな感じです。

 

昔、教科書で見た土偶が駅舎になっています。

ちょっと目がおっかねぇ~です。

 

以前のブログでも少し触れましたが、列車が来ると目が光り

夜にそれを見た子供が泣いたりしたので光らせるのは辞めたそうです。 

 

t-pita.hatenablog.com

 

駅舎がピカチュウキティちゃんだったら逆に子供には大人気だったでしょう。

 

 

さらに津軽鉄道に乗り太宰治記念館「斜陽館」へ行ったり

 

f:id:creetto:20180420115923j:plain

太宰治記念館「斜陽館」

 

車を借りて十三湖付近でしじみを食べたり、竜飛岬の方へ行ったり、

色々と楽しめそうなので雪が降る前の紅葉シーズンに訪れて

1泊して観光、食べ歩き、飲み歩きしてみたいところです。

 

 

 

 

 

グーグルマップで無人駅を見てみた 釜石線 宮守駅

岩手県遠野市宮守町下宮守にある釜石線 宮守(みやもり)駅

 

1915年(大正4年)11月23日に岩手軽便鉄道が開設し

無人駅化されたのは2014年(平成26年)4月1日からです。

 

f:id:creetto:20180719091346j:plain

宮守駅

 

 

f:id:creetto:20180719091429j:plain

少し近づいてみました。

 

 

f:id:creetto:20180719091445j:plain

少しアップにしてみました。

 

駅前に電話ボックスとポスト、飲み物の自動販売機があります。

ただ、写真は2014年のもので

2015年(平成27年)4月2日より新しい駅舎になったので

現在でも電話ボックスとポスト、飲み物の自動販売機があるかは不明です。

 

 

f:id:creetto:20180719091723j:plain

宮守駅 駅前の風景

 

 

f:id:creetto:20180719091746j:plain

宮守駅 駅前の風景

民家が多いです。

 

f:id:creetto:20180719091820j:plain

宮守駅 駅周辺の景色

 

 

f:id:creetto:20180719091842j:plain

宮守駅 駅周辺の景色

 

民家も多いですが、飲食店などもあります。

 

 

駅の場所

地図(グーグル)

 

 

数年前のデータですが宮守駅は1日約190人が利用しています。

 

 

宮守駅から300mくらいの場所に橋があります。

f:id:creetto:20180719093028j:plain

めがね橋

 

石造の橋で正式名称は宮守川橋梁と言い1915年竣工され、

その後に改修され現在は2代目だそうです。

 

宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」のモチーフになったとされていて

現在、曜日限定で日没から22時までライトアップされるそうです。

 

 

鉄道撮影スポットとしても有名です。

 

 

f:id:creetto:20180719093831j:plain

真下から見ると少しカーブしているのが解ります。

アーチ状で高さ20m、全長107mあるそうです。

 

 

詳しい場所

地図(グーグル)

 

 

 

 

ちなみに・・・

 

宮守駅から70mくらいの場所にお店が有ります。

f:id:creetto:20180719094050j:plain

わさび屋

 

店の場所

地図(グーグル)

 

わさび屋の屋号の通りにわさびを使用した物が売られています。

わさび漬も販売していて個人的には静岡で買ったものしか知りませでしたが

ここではたっそべ漬 わさび 刻み漬けというのがあり

刻んだごぼう、大根、キュウリが入った味噌味のわさび漬だそうです。

 

他にも串に刺さったわさび団子というのもあり興味が湧くものがありました。

 

 

何となく漬物の味のイメージは湧きますが、間違いなくお酒に合いそうです!