鉄道とかグルメとか 何となくイロイロと…

鉄道や旅行・グルメ・日常の事など、何となく色々な事を綴っています。

グーグルマップで鉄道撮影スポットを探してみた 鹿児島本線 南荒尾駅~長洲駅

 

熊本県内の鹿児島本線 南荒尾駅(みなみあらおえき)~長洲駅(ながすえき)間

 

 

南荒尾駅から長洲駅方面へ1.5kmくらい

長洲駅から南荒尾駅方面へ2.5kmくらいの場所で

踏切近くからの撮影スポットです。

 

ひとつ手前の荒尾駅南荒尾駅間には個人的に良さそうな

撮影スポットは見つけられませんでした。

 

 

f:id:creetto:20200728085726j:plain

南荒尾(久留米駅)方面

 

 

f:id:creetto:20200728085739j:plain

少しアップにしてみました

 

 

f:id:creetto:20200728085752j:plain

長洲駅(熊本駅)方面

 

 

f:id:creetto:20200728085805j:plain

少しアップにしてみました

 

 

f:id:creetto:20200728090057j:plain

近くの踏切は牛水上(うしみずかみ)踏切です

 

 

 

詳しい場所

 

近くに車を停められそうなスペースがありました。

 

 

 

 

撮影スポットから西へ200mくらい行けば有明海があります。

 

 

f:id:creetto:20200728090112j:plain

有明海

 

 

付近には飲食店はあまりありませんが南へ1.1kmくらいの場所に

気になるお店がありました。

 

 

f:id:creetto:20200728090138j:plain

熊本ちゃんぽん いしばし

 

店名、外観から "美味しさ" が期待できるお店で

野菜を炒めている美味しそうな匂いがしそうです

 

 

熊本県玉名郡長州町大字長州775-7

 

 

メニューは

ラーメン500円・大盛ラーメン650円

ミニちゃんぽん550円・ちゃんぽん700円・大盛ちゃんぽん850円

 

ラーメン定食(ラーメン・ミニ焼めし)700円

ミニちゃんぽん定食(ミニちゃんぽん・ミニ焼めし)750円

ちゃんぽん定食(ちゃんぽん・ミニ焼めし)900円

焼めし550円・めし110円

 

 

メニュー数は多くありません。

 

 

オススメは当たり前ですが "ちゃんぽん" で

関東の方でも見慣れた

白濁スープにエビ・イカ・豚肉・カマボコ・きくらげ

もやし・キャベツ・タマネギ・コーンなどの野菜がたっぷりと入ったスタイル。

 

 

口コミではスープのコクが旨いと書きこんでいる方が多く

ちゃんぽん麺にアッサリしているけどコクがあるスープは

具材の旨味も出ていて最後までも飲みほせるスープとの事。

 

 

写真を見るとメチャクチャ美味しそうです。

 

 

 

 

 

焼めしは玉子・チャーシュ・カマボコ・人参・コーン・グリンピースが入り

具だくさんでしっとりではなくパラパラのタイプ。

 

色どりも良く、こちらも美味しそう。

 

 

会社の近くにあればランチ時に週一回、いや週二回は通い

ミニ焼めしが付いた定食を食べるの決定です。

 

 

古くから営業していてるので地元の方々からも愛されていてファンも多く

地元以外の方でも "ちゃんぽん" を食べるならココと決めている人も

多いみたいですよ!

 

 

営業は火曜日休み

11:00~15:00

 

やはり美味しいお店なので営業時間は短め。

 

 

昔は餃子が付くセットメニューなどもあったみたいですが

今では無い?みたいです。

 

 

ちゃんぽん を食べたくなったので両駅を見てみました

 

f:id:creetto:20200728090205j:plain

南荒尾駅(2019年9月ころ)

 

1950年(昭和25年)5月1日に日本国有鉄道の駅として開業

1971年(昭和46年)時期は不明ですが無人駅となりました

 

駅には近距離きっぷの自動券売機とSUGOCA対応の読み取り機があります。

 

 

駅の西側に広がる荒尾干潟(あらおひがた)は

2012年(平成24年)7月3日にラムサール条約湿地に登録されました。

 

 

f:id:creetto:20200728090222j:plain

荒尾干潟

 

2019年(令和元年)8月1日に荒尾干潟水鳥・湿地センターが開館することもあり

ラムサール条約湿地 荒尾干潟駅の愛称がつきました。

 

 

 

 

 

f:id:creetto:20200728090243j:plain

長洲駅 南口(2019年9月ころ)

 

 

f:id:creetto:20200728090312j:plain

長洲駅 北口(2019年9月ころ)

 

 

1891年(明治24年)4月1日に九州鉄道の駅として開業

 

1982年(昭和57年)9月に熊本県内初の橋上駅舎に改築

 

2018年(平成30年)3月17日にダイヤ改正により定期運行の

特急列車「有明」が廃止

 

駅構内には

みどりの窓口(営業時間 平日7:30~19:50 土日祝8:30~19:50)

自動券売機とSUGOCA対応の読み取り機があります。

 

駅舎写真、特に南口の写真を見て気になった方もいらっしゃると思いますが

駅のある長洲町は全国でも有数の金魚の産地みたいですよ。

 

なので駅に大きな金魚のオブジェが飾られています。

 

 

f:id:creetto:20200728090520j:plain

長洲駅 南口 金魚

 

 

f:id:creetto:20200728090747j:plain

南口を出たところにもうひとつありました。

 

 

写真では解りにくいかもしれませんが北口にもあります

 

 

f:id:creetto:20200728090532j:plain

長洲駅 北口 金魚

 

 

他にも長洲町には金魚のオブジェがあり町内には15の養魚事業者があるそうです。

 

 

長洲町が金魚の町になるきっかけは

今から約100年前に当時はまだ珍しい存在だった金魚

1人の町民が持ち帰った事から始まりました。

 

 

何とか養殖をしたいと考えましたが

当時は全く金魚の養殖に関しての情報はなく

特に生まれて間もない

赤ちゃん金魚に何の餌を与えれば良いのか?全く解らなく

何度も失敗を繰り返したそうです。

 

 

試行錯誤を繰り返した結果、

田んぼで見つけたミジンコの卵を与えたら成功し

それから町内に広まり現在の養魚業に繋がっているそうですよ。

 

 

長洲駅から南へ1.4kmくらいの場所には

金魚の館があり

いろいろな種類の金魚が見られたり金魚グッズの販売

金魚すくいなども出来るそうです。

 

 

熊本県玉名郡長洲町大字長洲3150

 

開館時間

9:00~17:00

 

 

長洲町には他にも

原付のナンバープレートに金魚デザインされていたり

金魚の形をした金魚モナカがあったり

御神輿では金魚を担ぐなど、金魚の町らしさが随所にみられます。

 

 

長洲町を知るのも、長洲町が金魚で有名なのも初めて知りましたが

間違いなく金魚すくいの達人がいるでしょう。

 

 

この時期に金魚を見るのは涼しげで良さそうですね

 

グーグルマップで鉄道撮影スポットを探してみた 常磐線 内郷駅~いわき駅

 

長い梅雨も明けて開放的な夏となり

お盆休みの旅行、レジャーなどで「待ってました」となる時期ですが

今年は大きく様子が異なります。

 

 

いつまで続くのでしょうかね…

 

 

ただお盆の帰省をやめる方も多いとの事で

帰省をしたくない方にとっては とっても良い理由となりました。

 

 

 

 

福島県内の常磐線 内郷駅(うちごうえき)~いわき駅(いわきえき)間

 

内郷駅から いわき駅方面へ700mくらい

いわき駅から 内郷駅方面へ3.3kmくらいの場所で

陸橋からの撮影スポットです。

 

1つ手前の湯本駅内郷駅間では個人的に良さそうだと思った

撮影スポットは見当たりませんでした。

 

f:id:creetto:20200724065830j:plain

内郷駅水戸駅)方面

 

 

f:id:creetto:20200724065844j:plain

少しアップにしてみました

 

 

f:id:creetto:20200724065857j:plain

いわき駅(仙台駅)方面

 

 

f:id:creetto:20200724065912j:plain

少しアップにしてみました

 

 

詳しい場所

 

少し離れた場所に車を停められそうなスペースがありました。

 

 

 

 

撮影スポット付近にはチョコチョコ飲食店がありましたが

北東へ2.8kmくらいの場所に気になるお店がありました。

 

 

f:id:creetto:20200724071128j:plain

大盛屋

 

渋いですね~ 外観から大好物です

 

 

福島県いわき市平堂ノ前3

 

 

まちなかにある長~く営業していそうな食堂です。

 

 

メニューは

ラーメン550円・塩ラーメン550円・もやしラーメン600円

メンマラーメン600円・タンメン(塩・味噌・醤油)650円

みそラーメン650円・辛みそラーメン680円・五目ラーメン750円

チャーシューメン720円・みそチャーシューメン770円

冷やし中華(夏期のみ)680円・五目冷やし中華(夏期のみ)800円

 

やきそば630円・醤油やきうどん630円・ソースやきうどん630円

五目やきそば800円・五目やきうどん800円

 

もりそば/うどん430円・かけそば/うどん430円

たぬきそば/うどん460円・月見そば/うどん500円

ざるそば/うどん550円・玉子とじそば/うどん550円

天ぷらそば/うどん600円・肉そば/うどん600円

とりそば/うどん600円・カレーそば/うどん650円

カレー南蛮そば/うどん650円・親子そば/うどん750円

 

丼物・ご飯物は

玉子丼650円・カレーライス670円・チャーハン680円・

牛丼700円・親子丼750円・野菜イタメライス780円

カツカレー800円・カツ丼800円・ブタロース生姜焼定食860円

半カレー350円・半チャーハン350円・ライス200円・半ライス100円

 

丼物にはみそ汁が付き大盛りは各種100円増しです。

 

価格はそれほど高くありません。

 

オススメは細麺のラーメンで

鶏ガラベースのスープに

チャーシュー・メンマ・わかめ・かまぼこ・カイワレ大根が入り

メンマはコリッとした食感が良く

出汁が効いているけどサッパリとしたスープは

昭和のラーメンという感じで何度食べても飽きない味だそうです。

 

 

他のオススメはカツ丼、この時期であれば冷やし中華

カツ丼はカツの厚さ、タレの甘さ加減が良く

良い加減に火が通った玉子とのバランスが抜群で

店に来た時にはカツ丼しか食べ無い方も多く

冷やし中華はタレの酸味はそれほど強くないが万人に受ける味とのこと。

 

丼物に付いてくる みそ汁は

みそ感がメチャクチャ弱いタンメンスープのようですが

それはそれで美味しいとの書き込みがありました。

 

 

店名が大盛屋なので全てがデカ盛りを期待してしまいますが

量は普通よりはボリュームはあるみたいですよ。

 

営業は日曜・祝日休み

11:30~16:00

 

営業時間は短め

 

外観同様に料理の味にも昭和を感じ、入るのに躊躇される方もいると思いますが

1度入ってしまえば通い続けてしまうお店でしょうね。

 

 

 

ついでに両駅を見てみました

 

 

f:id:creetto:20200724084919j:plain

内郷駅(2014年5月ころ)

 

 

f:id:creetto:20200724085005j:plain

内郷駅 逆側から(2015年7月ころ)

 

1897年(明治30年) 2月25日に日本鉄道の綴(つづら)駅として開業

1956年(昭和31年)12月20日に内郷駅に改称

2015年(平成27年) 3月27日に新駅舎の供給全面開始

2018年(平成30年) 3月16日をもつてみどりの窓口の営業終了

 

駅構内には

自動券売機。簡易Suica改札機があります。

 

 

 

過去には内郷駅いわき駅の間に いわき貨物駅がありました。

1972年(昭和47年)10月1日に開業

1985年(昭和60年)3月14日に信号場に格下げ

1998年(平成10年)ころ?に廃止

 

場所は内郷駅から いわき駅方面へ900mくらいの場所で

撮影スポットからは200mくらいの場所です。

 

 

このあたりみたいですよ

 

 

 

色々と調べて割り出しましたが、違った場合はすみません。

 

 

 

 

f:id:creetto:20200724084904j:plain

いわき駅 北口(2017年4月ころ)

 

 

f:id:creetto:20200724085026j:plain

いわき駅 南口(2017年4月ころ)

 

磐越東線も乗り入れています

 

 

1897年(明治30年)2月25日 平(たいら)駅として開業

1994年(平成 6年)12月3日 いわき駅に改称

2005年(平成17年)3月24日 自動改札機を導入

2018年(平成30年)9月29日 この日をもって「びゅうプラザ」の営業終了

2019年(令和 元年)7月12日 改札内NewDaysが開店

 

 

駅構内には

みどりの窓口・自動券売機・ICカード対応自動改札・NewDays

VIEW ALTTE(ビューカードATM)があります

 

みどりの窓口

2019年(平成31年)4月15日に

営業時間を5:30~21:00から6:30~21:30に短縮しました。

 

現在ある「いわき駅ビル」は

2020年(令和2年)8月末で南口の開発工事に伴い閉店し

2022年(令和4年)の春にホテルなどが入った商業施設が開業する予定です。

 

 

過去には

1・2番線ホームと3・4番線ホームに 立ち食いそば屋 さんがありましたが

2007(平成19年)7月31日に閉店

また

1・2番線ホームには駅弁売場もありましたが

2007(平成19年)9月30日に閉店してしまいました。

 

全盛期には10種以上の駅弁が販売されていたそうですよ。

 

 

 

 

立ち食いそばも食べてみたかったし

駅弁も食べてみたかった!  残念・ざんねん

 

 

ちなみにいわき駅へ改称した理由は市からの要望が強かったためです。

 

グーグルマップで鉄道撮影スポットを探してみた 鹿児島本線 大牟田駅~荒尾駅

 

7月最終日です。

 

 

大雨による災害、コロナウイルス、長い梅雨、台風は発生無し

自然による出来事で何となく落ち着かない1ヶ月間で

梅雨明けと台風の発生はもうすぐ解消されると思いますが

大雨による災害、コロナウイルスはこれからも続きそうです。

 

両方とも付き合いたくはありません。

 

 

陽性者が再び増えた事で

ここ数日で東京都や大阪府などでは様々な要請が発表されましたが

経済を回さなければならないので難しい判断が今後も続きます。

 

どうにもコロナウイルスと経済の相性は最悪らしく

コロナを抑えれば経済も抑えられ

経済を復活させれば陽性者数も復活していきます。

 

コロナもそうですがインフルエンザも

人間の体に対して脅威となり最悪は死に至るウイルスが存在しますが

その逆のはないのでしょうか?

 

人間の体に入っても害はなく病気が治ったり体調が良くなる

ウイルスは存在しないのでしょうか?

 

もしも存在してそれはそれで新たな問題が発生しそうでもありますが…

 

 

 

福岡県内の鹿児島本線 大牟田駅(おおむたえき)~

熊本県内の荒尾駅(あらおえき)間

 

大牟田駅から荒尾駅方面へ1kmくらい

荒尾駅から大牟田駅方面へ3kmくらいの場所で陸橋からの撮影スポットです。

 

 

1つ手前の銀水駅(ぎんすいえき)~大牟田駅間で個人的に良さそうと思った

撮影スポットはありませんでした。

 

 

f:id:creetto:20200721091405j:plain

大牟田駅久留米駅)方面

 

 

f:id:creetto:20200721091516j:plain

少しアップにしてみました。

 

 

f:id:creetto:20200721091528j:plain

荒尾駅熊本駅)方面

 

 

f:id:creetto:20200721091540j:plain

少しアップにしてみました。

 

 

詳しい場所

 

近くに車を停められそうなスペースは無くコインパーキングも

見当たりませんでしたが東へ400~500mの場所に有料がありました。

 

 

 

 

 

撮影スポット付近に駐車場は少ないですが

飲食店はチョコチョコあり

南西へ1.5kmくらいの場所に気になるお店がありました。

 

 

f:id:creetto:20200721091556j:plain

飩平庵

 

 

福岡県大牟田市樋口町2-9

 

 

国道389号線沿いにあるうどん屋さんです。

 

国道389号はちょっと面白い国道で

道路は繋がっていませんが有明海を渡り雲仙市へと繋がり

その後も海を渡り天草市、最後は鹿児島県の阿久根市へと繋がります。

 

ワープしている国道です。

 

 

飩平庵さんへ戻ります。

 

メニューは

かけうどん200円・月見うどん250円・玉子とじうどん300円

たぬきうどん250円・丸天うどん300円・きつねうどん300円

こんぶうどん300円・わかめうどん300円・具うどん350円

山菜うどん350円・肉うどん400円・山かけうどん370円

ごぼう天うどん400円・えび天うどん400円・上えび天うどん550円

ざるうどん350円

 

プラス30円で上記メニューを "そば" に出来ます。

 

 

ざる細めん380円・合のりざる480円・冷し麦450円

割子そば480円・釜揚うどん400円

 

いなり100円・おにぎり100円・白ごはん120円・山菜ごはん140円

 

各種大盛りはプラス120円

 

 

価格設定が安いですね。

 

 

常にアツアツで提供されるスピードも早く昼時は混雑必至の人気店で

太めでモチモチの うどん と出汁の効いたスープはどの具材にも合い

中でも ごぼう天うどん、玉子とじうどん、肉うどんが人気です。

 

何を食べても美味しいですが

初めて訪れる方には上記のうどんが特にオススメ。

 

 

九州のうどん屋さんと言えば かしわご飯 を提供するお店が多いと感じますが

こちらのお店では 山菜ごはん が食べられるので注文する人が多く

うどんのスープと一緒に食べると抜群に美味しいとの口コミ多し。

 

想像できますが改めて聞くと美味そう。

 

 

 

 

家の近くに欲しいと思うお店です。

 

 

営業は火曜日休み

10:00~19:30

 

 

 

大阪のうどん屋さんでは 肉すい+たまごかけご飯

以前のブログで紹介した

九州のうどん屋さんでは うどん+マメおにぎり などなど

うどん屋さんでは聞きなれない食べ合わせがお店の定番というお店が

たまにあります。

 

 

うどんは他の麺類よりは色々な料理に合いそうなので

調べれば他にも様々な食べ合わせがありそうですね。

 

 

何でも良いから うどんが食べたくなったので両駅を見てみました。

 

f:id:creetto:20200721091617j:plain

大牟田駅 東口(2019年9月ころ)

 

 

f:id:creetto:20200721091635j:plain

大牟田駅 西口(2018年6月ころ)

 

1891年(明治24年)4月1日に開業

2018年(平成30年)3月30日に駅構内にあった旅行センターが営業終了

 

駅構内には

みどりの窓口(営業時間6:00~22:00)・指定席券売機

自動券売機・ICカード対応自動改札機・コンビニ・居酒屋・うどん屋があります。

 

ひと昔まではkioskがありましたが現在は自動販売機コーナーになっています。

また2017年12月までは駅弁も販売していました。

 

西鉄 天神大牟田線西鉄大牟田駅も併設されていますが

改札内でJR・西鉄の相互乗り換えは出来ません。

 

 

大牟田の地名の由来は 大きなムタ(湿地)の意味みたいですよ。

 

 

 

 

f:id:creetto:20200721091650j:plain

荒尾駅(2018年6月ころ)

 

 

f:id:creetto:20200721091707j:plain

荒尾駅 逆側(2019年9月ころ)

 

1912年(大正元年)11月1日に万田(まんだ)駅として開業

1943年(昭和18年)6月15日に荒尾駅に改称

 

駅構内には

みどりの窓口(営業時間 6:50~20:00)・自動券売機

ICカード対応自動改札機があります。

 

かっては北東部付近に荒尾市電の荒尾駅が存在していましたが

1964年(昭和39年)10月1日に廃線となると同時に廃駅となりました。

 

 

岐阜県大垣市

1930年(昭和5年)12月1日に開業し同じ漢字で同じ読みの

荒尾駅JR東海道本線)があり

両駅のキップを区別する為に

岐阜県大垣市荒尾駅は(東)荒尾

熊本県荒尾市荒尾駅は(鹿)荒尾 と記載されます。

 

 

荒尾駅が開業時に万田駅となった理由は

当時、駅近辺に三井三池炭鉱の主力抗で万田坑というのがあり

そこで採掘された石炭を主に取扱いする為に万田駅となった?ようですよ。