鉄道とかグルメとか 何となくイロイロと…

鉄道や旅行・グルメ・日常の事など、何となく色々な事を綴っています。

グーグルマップで鉄道撮影スポットを探してみた 中央本線 青柳駅~茅野駅

 

長野県内の中央本線 青柳駅(あおやぎえき)~茅野駅(ちのえき)間

 

青柳駅から茅野駅方面へ3.3kmくらい

茅野駅から青柳駅方面へ3.9kmくらいの場所で

陸橋うえからの撮影スポットです。

 

f:id:creetto:20210122092916j:plain

青柳駅(甲府駅)方面

 

 

f:id:creetto:20210122092927j:plain

少しアップにしてみました

 

 

f:id:creetto:20210122092938j:plain

茅野駅塩尻駅)方面

 

 

f:id:creetto:20210122092950j:plain

少しアップにしてみました

 

 

詳しい場所

 

近くに車を停められそうなスペースがありました。

 

 

 

 

撮影スポット付近には飲食店は見当たりませんでしたが

北東へ11.5kmくらいの場所に気になるお店がありました。

 

 

f:id:creetto:20210122093005j:plain

蓼科(たてしな)そば メルヘン

 

 

長野県茅野市蓼科中央高原5522

 

撮影スポットからは遠く国道299号線沿いにある

緑に囲まれた場所にある蕎麦屋さんです。

 

ちなみに国道299号は

長野県茅野市群馬県多野郡上野村~埼玉県秩父市~埼玉県入間市を結ぶ

国道です。

 

メニューは冷たいお蕎麦の

ざるそば950円・ざるそばセット1250円

わざび菜ざるそば1250円・わざび菜ざるそば1550円

きのこざるそば1250円・きのこざるそばセット1550円

天ぷらざるそば1800円・天ぷらざるそばセット2100円

冷たい山の幸そば1450円・冷たい山の幸そばセット1750円

 

温かいお蕎麦のメニューは

かけそば950円・かけそばセット1250円

山菜そば1100円・山菜そばセット1400円

きのこそば1150円・きのこそばセット1450円

わざび菜そば1150円・わざび菜そばセット1450円

天ぷらそば1800円・天ぷらそばセット2100円

温かい山の幸そば1450円・温かい山の幸そばセット1750円

 

ご飯ものメニューは

生姜焼き重(小そば付き)1250円・天重(小そば付き)1700円

 

一品料理のメニューは

野沢菜450円・わさび菜450円・きのこ500円・おでん600円

もつ煮600円・天ぷら万十300円

 

飲み物のメニューは

ビール(中)700円・ノンアルコールビール(小)350円

燗酒(地酒)400円・冷酒(地酒吟醸)800円

オレンジジュース300円・ウーロン茶300円・コーラ300円

 

※そばセットには自家製の きのこご飯・漬物が付きます

※そばの中盛りはプラス300円・大盛りはプラス600円(冷たいそばのみ)

 

外観から美味しい"お蕎麦"が食べられそうな良い雰囲気があります。

 

 

わざび菜ざるそば・わざび菜そばには

信州の安曇野の清流で育ったワサビの茎と葉と根を薄切りにして

浅漬けしたものが付き

ピリッとした爽やかな辛味が美味

 

きのこざるそば・きのこそばには

なら茸・ひら茸・なめこの三種のキノコをしょうゆ漬けにしたものが付き

ボリュームのある大きなキノコが美味

 

天ぷらざるそば・天ぷらそばには

春・初夏は山菜の天ぷら、夏は高原野菜、秋はキノコ・豆類の天ぷらが付き

季節ごとの旬な食材が美味

 

冷たい山の幸そばには

キノコ・山菜・天ぷら・揚げ玉・ネギが入り

ワサビマヨネーズががかっていて、そばツユとの相性が良く美味

 

温かい山の幸そばには

キノコ・山菜・天ぷら・揚げ玉・ネギ・わさび菜が入り

山の恵がタップリで良く美味

 

 

クチコミを見ると普通盛りでもそれなりに"お蕎麦"ボリュームがあるとの事で

"お蕎麦"コシがあり香りもよく、天ぷらも山菜もキノコも美味しく

食べる前には若干価格が高い気がしますが食べると納得するみたいです。

 

水が良さそうな地域なので"お蕎麦"は間違いなく美味しいでしょうね。

 

 

 

 

営業は水曜日休み

11:00~15:00

 

店内は清潔で席の間隔も広めに取られていて

窓からは緑が見え雰囲気も景色も良いそうです。

 

美味しい"お蕎麦"を食べたくなったので両駅を見てみました

 

青柳駅は1つ前の すずらんの里駅~青柳駅間で紹介済みです。

 

 

t-pita.hatenablog.com

 

 

 

f:id:creetto:20210122093027j:plain

茅野駅 西口(2018年8月ころ)

 

 

f:id:creetto:20210122093042j:plain

茅野駅 東口(2018年8月ころ)

 

 

f:id:creetto:20210122093057j:plain

東口の駅前ロータリーには蒸気機関車「C12 67」が保存されています

 

 

1905年(明治38年)11月25日に鉄道院の駅として開業

1986年(昭和61年)3月31日に駅舎改築

2005年(平成17年)3月25日に自動改札機を設置

2014年(平成26年)4月1日にICカードSuicaの利用が可能となる

 

過去には

1947年(昭和22年)まで

日本鋼管鉱業諏訪鉱業所専用線(諏訪鉄山鉄道)が乗り入れていました。

 

特急列車「あずさ」も停車する駅で

駅構内には

みどりの窓口指定席券売機・自動券売機・自動改札機

立ち食いそば屋(そば処 白樺)・売店があります。

 

立ち食いそば屋は少しメニューが変わっていて

多くの駅そばのお店は茹でられた麺を温め直して提供しますが

こちらのお店は生蕎麦があり

生の"お蕎麦"を茹でるので出来上がりまで3分くらい待つそうです。

 

少し価格が高いですが

立ち食いそばで本格的な"お蕎麦"を食べられるのでクチコミの評価が高いですよ。

※普通価格の茹でられた麺を温め直すのもあります。

 

 

駅弁も販売していて

山梨県杜氏の丸政さんの

山のごはん・元気甲斐・小淵沢丸政の信州牛御辨當などが販売されています。

 

 

また、茅野駅

諏訪大社 上社本宮の最寄駅でもあります。

 

 

グーグルマップで鉄道撮影スポットを探してみた 常磐線 亘理駅~逢隈駅

 

昨日、親しい知り合いから久しぶりに電話がありコロナ禍の近況などを話しました。

 

色々な話をしましたがその知り合いは最近

テレビで芸能人などが何かを食べて言う言葉や表情が気になるらしく

何かをひとくち食べて 「うまっ」や 「やばっ」 という捻りのない言葉や

「なにこれ」という一瞬否定にも感じられる言葉と

何かを食べて "怒った表情" になる人にムカつくらしいです。

 

きっとコロナ禍の中でストレスが溜まっているんでしょうね…

 

ちなみにその知り合いは美味しいものを食べても無表情です。

 

話がそれましたが…

 

 

 

宮城県内の常磐線 亘理駅(わたりえき)~逢隈駅(おおくまえき)間

 

亘理駅から逢隈駅方面へ2.9kmくらい

逢隈駅から亘理駅方面へ300mくらいの場所で

踏切付近からの撮影スポットです。

 

 

f:id:creetto:20210114102153j:plain

亘理駅いわき駅)方面

 

 

f:id:creetto:20210114102208j:plain

少しアップにしてみました

 

 

f:id:creetto:20210114102221j:plain

逢隈駅(仙台駅)方面

 

 

f:id:creetto:20210114102234j:plain

少しアップにしてみました

 

 

f:id:creetto:20210114102250j:plain

近くの踏切は椿山踏切(つばきやまふみきり)です。

 

 

 

詳しい場所

 

少し離れた場所に車を停められそうなスペースがありました。

 

 

 

 

撮影スポットの東側に国道6号線が通っているので飲食店が

それなりにありますが

南へ1.6kmくらいの場所に気になるお店がありました。

 

 

f:id:creetto:20210114102311j:plain

とんかつふじ支店

 

 

宮城県亘理郡亘理町逢隈神宮寺中道17-10

 

 

国道6号線沿いにある "とんかつ" 屋さん。

 

美味しそうな "とんかつ" が食べられそうな期待をもてる外観で

写真を見る限りでは駐車場は14台分ある感じです。

 

 

メニューは

えびフライライス1200円・ひれかつライス1200円

ミックスフライライス(えび・ひれ)1200円・ポークソテーライス1300円

並ロースかつライス1000円・上ロースかつライス1100円

特上ロースかつライス1100円・スペシャルロースかつライス1600円

ライス200円

 

※ライス無しは50円引き

※ライス大盛りは100円増し

 

飲み物のメニューは

瓶ビール500円・ノンアルコール300円

お酒(熱燗・一合)300円・冷酒(2合)600円

コーラ150円・オレンジ150円・ウーロン茶150

コーヒー100円

 

※平日11:00~15:00はコーヒー無料

(日曜・祝日は100円)

 

 

とんかつ、ポークソテーともにキャベツとスパゲティー、マカロニサラダが

同じ皿に乗りライスは皿盛りで味噌汁が付きます。

 

とんかつは "並ロース" でもボリュームがあり

衣は少しだけ強めに揚げられていてサクサクというよりカリッとした感じで

好みがあると思いますが、肉は柔らかくジューシーで旨いみたいですよ。

 

 

他の "とんかつ" 類は提供までどのくらい時間がかかるか解りませんが

スペシャルロースかつライスは提供まで20~25分くらいかかります。

 

写真を見ましたが「これで1600円?」と思うほどスペシャル感があり

とんでもないボリュームで、お肉は450g有るそうです。

じっくりと揚げられているので分厚い肉でも柔らかくジューシーで

肉食っている感を十分感じられ

他の "とんかつ" は切られた状態で提供されますが

ナイフとフォークを使い自分で切って食べるスタイルです。

 

食欲に任せて自分が食べられる容量を過信して注文してしまうと

食べきれない事もあるので注意が必要みたいですよ。

 

個人的には切らずにフォークでブッ刺してワイルドに食べて見たい気もします。

 

 

営業は火曜日休み

11:00~16:00

 

以前は夜も営業してみたいですが、現在は昼~夕方までの営業です。

 

とんかつ屋さんでよくある

ライス・キャベツのおかわりサービスはありませんが

それでも肉の量があるので満満腹になるとのクチコミが多くありました。

 

 

 

ちなみに

店名に "支店" と入るので本店があるのか調べて見ましたが

なさそう?以前あった?かは不明です。

 

とんかつを食べたくなったので両駅を見てみました。

 

 

 

亘理駅は1つ前の浜吉田駅亘理駅間で紹介済みです。

 

 

t-pita.hatenablog.com

 

 

 

f:id:creetto:20210114102342j:plain

逢隈駅(2011年7月ころ)

 

 

f:id:creetto:20210114102401j:plain

逢隈駅 出入口(2011年7月ころ)

 

 

1960年(昭和35年)10月1日に日本国有鉄道の逢隈信号場として開設

1988年(昭和63年)8月2日に逢隈駅に昇格

2003年(平成15年)10月26日にICカードSuicaの利用が可能となる

 

現在は無人駅ですが

駅には

自動券売機・乗車駅証明書発行機・簡易Suica改札機があります。

 

改札のある出入口の先には踏切があり、それを渡って

島式1面2線を有するホームを利用する駅です。

 

列車が発車するギリギリの時は

踏切が締まっていて渡れなくて乗り遅れる可能性があるので

余裕を持って駅に行った方が良さそうですね。

 

 

また待合室が改札の外の駅前ロータリーにあります。

 

 

f:id:creetto:20210114102422j:plain

逢隈駅 待合所(2011年7月ころ)

 

 

駅名をよく見ると「逢」の部首 "しんにょう" の点が2つです。

書き間違えそうですが

点が2つでも部首は "しんにょう" で

道、近、逃などの点が1つのは "1点しんにょう" 

2つのは "2点しんにょう" と言うそうです。

 

グーグルマップで鉄道撮影スポットを探してみた 東北本線 館腰駅~名取駅

 

宮城県内の東北本線 館腰駅(たてこしえき)~名取駅(なとりえき)間

 

館腰駅から名取駅方面へ800mくらい

名取駅から館腰駅方面へ2.6kmくらいの場所で

線路わきからの撮影スポットです。

 

f:id:creetto:20210112083302j:plain

館腰駅(福島駅)方面

 

 

f:id:creetto:20210112083317j:plain

少しアップにしてみました

 

 

f:id:creetto:20210112083327j:plain

名取駅(仙台駅)方面

 

 

f:id:creetto:20210112083344j:plain

少しアップにしてみました

 

ちょうど列車が通過するときでした。

 

 

詳しい場所

 

少し離れた場所に車を停められそうなスペースがありました。

 

 

 

撮影スポットは線路を挟んで国道4号線が通っているので

沿線にはいろいろな飲食店がありますが

そんな中で北へ900mくらいの場所に気になるお店がありました。

 

 

f:id:creetto:20210112083406j:plain

ラーメン堂 仙台っ子 名取店 

 

 

 

宮城県名取市飯野坂土城掘57-1

 

宮城県に住んでいる方なら誰もが知っているラーメン屋さんで

宮城県内に直営店6店舗・独立店7店舗合計13店舗営業するチェーン店です。

 

麺類のメニューは

仙台っ子らーめん690円・仙台っ子らーめん大盛800円

仙台っ子らーめん特盛910円

のりらーめん800円・のりらーめん大盛910円

のりらーめん特盛1020円

ネギらーめん860円・ネギらーめん大盛970円

ネギらーめん特盛1080円

ひき肉らーめん910円・ひき肉らーめん大盛1020円

ひき肉らーめん特盛1130円

チャーシューめん910円・チャーシューめん大盛1020円

チャーシューめん特盛1130円

仙台っ子セット(仙台っ子らーめん・ギョウザ・ライス)860円

仙台っ子セット大盛(仙台っ子らーめん・ギョウザ・ライス)970円

仙台っ子セット特盛(仙台っ子らーめん・ギョウザ・ライス)1080円

 

 一品ものメニューは

ギョーザ(8個)440円・半ギョーザ(4個)220円

おつまみチャーシュー350円

 

トッピングのメニューは

小松菜110円・小口ネギ110円・のり110円・ネギ(辛)170円

ひき肉220円・チャーシュー(4枚)220円

 

飲み物のメニューは

中瓶ビール(サッポロ黒ラベル)550円・黒ウーロン茶300円

ウーロン茶220円・オレンジジュース220円・コーラ220円

 

※らーめん類をご注文の方にライス無料サービス

 

基本のラーメンは「仙台っ子らーめん」で

トンコツ醤油のスープに太麺

チャーシュー・ネギ・のり・小松菜の具が乗り

ほうれん草と小松菜の違いだけで

横浜の "家系ラーメン" とほとんど同じです。

 

個人的に仙台に行った時に何度か食べた事があるお店で

太麺が濃いトンコツスープに合い

好みがあるかも知れませんが一緒にライスを食べたくなる

味が濃くて美味しいラーメンです。

 

麺は カタめ・やわらかめ

味は 濃いめ・薄め

油は 多め・少なめ 自分好みに調整できる特徴もあります。

 

お店のホームページを見て知った情報ですが

直営店でも独立店店でも各店によりそれぞれ提供サービスや味に違いがあり

例えば

仙台っ子セット(仙台っ子らーめん・ギョウザ・ライス)のセット提供時間は

名取店は終日提供していますが、

11:00~15:00

11:00~17:00間で提供時間するお店があったり

 

麺の製造元も

名取店は自家製麺ですが

お店によってはマツダ製麺という製麺所と

共同開発した麺を使用しているお店があったり

 

麺の太さも

名取店は太麺を使用していますが

中太麺を使用しているお店や、太麺・細麺を選べるお店があったり

 

らーめん類を頼むと無料のライスも

名取店は何杯でもおかわり無料ですが

一杯まで無料

三杯まで無料のお店があったり

 

スープの濃度も

名取店は10段階中7の濃さですが

他のお店は4~8の濃さで提供していたり各店で個性をがあるので

各店で食べてみて自分好みのお店を見つける楽しみがありそうですよ。

 

 

 

 

ちなみにライスは宮城県産「ひとめぼれ」を使用しています。

 

営業は火曜日休み

11:00~22:00

 

同じ敷地内にカラオケ・マクドナルドなどがある共同駐車場なので

車を止めるのには不安はなさそうです。

 

ホームページを見て知りましたが

個人的に仙台で飲んだ時に良く利用した "国分町店" が

2020年8月9日に閉店していた事がショックです。

 

 

久しぶりに仙台っ子らーめんを食べたくなったので両駅を見てみました。

 

館腰駅は1つ前の岩沼駅館腰駅間で紹介済みです。

 

 

t-pita.hatenablog.com

 

 

 

 

f:id:creetto:20210112083432j:plain

名取駅 東口(2017年11月ころ)

 

 

f:id:creetto:20210112083445j:plain

名取駅 西口(2018年6月ころ)

 

1888年(明治21年)10月11日に日本鉄道の増田(ますだ)駅として開業

1962年(昭和38年)5月25日に名取駅に改称

2003年(平成15年)7月5日に駅舎を改築し橋上駅舎化となる

同時に自動改札機が設置される

2003年(平成15年)10月26日にICカードSuicaの利用が可能となる

2007年(平成19年)3月18日に仙台空港鉄道 仙台空港線

当駅~仙台空港駅間が開業

 

現在は東北本線常磐線仙台空港鉄道が乗り入れていますが

過去には

1926年(大正15年)11月21日に増東軌道(ぞうとうきどう)が

当駅(当時:増田駅)~閖上駅間で開業

1939年(昭和14年)9月19日に廃止された鉄道や

1989年(平成元年)9月1日に廃止されたサッポロビール仙台工場を結ぶ

サッポロビール専用線が乗り入れていました。

 

 

駅構内には

みどりの窓口指定席券売機・自動券売機・Suica対応自動改札機

自動精算機・New Days KIOSKがあります。